フェイシャルエステは化粧していっていいの?ノーメークのほうがいいの?

 

「フェイシャルエステの施術を受けるときは、メークのままでいいのか? すっぴんにしていったほうがいいのか」は、少し迷うところかもしれません。たいていはエステ次第ですので、電話でもして確認したほうがいいでしょう。

 

ただし、実際のところ「どちらでもいいですよ」か「できれば薄めのメークで」となるようです。もし、すっぴんでなければいけないようならば、仕事帰りなどにはいけません。自宅からでも電車でも使おうものならば、ノーメークで乗ることになります。現実的ではないですね。

 

それに、フェイシャルのコースはどれもたいていはクレンジングと洗顔がメニューに組み込まれています。また、どうしても気になる人は、早めに行って、自分でざっと落としておいてもいいでしょう。ただし、この場合は、パウダールームなど化粧を落とす場所があるかどうかは確認しておいたほうがいいでしょう。格安店の場合、着替え場所ぐらいしかない場合があります。

 

ただし、ウオータープルーフのメークは、コースの中でのクレンジングでも手間がかかってしまって、時間を消費してしまう可能性があります。施術を受ける日はやめておいたほうがいいでしょう。

 

⇒ フェイシャルエステに行く時、メイクはすっぴんになる必要あり?

 

エステが終わった帰りは、すっぴん?化粧できる?

 

これも、そのお店がどうなっているか次第です。

 

パウダールームが広々と作ってあって、サンプル品の化粧品などが無料で試せるようなところもあります。かと思うと、時間帯によっては順番待ちになったり、特にメーク用のスペースがないような場合もあります。確認したほうがいいでしょう。

 

ただ、もし、そのまま家に帰るだけならば、せいぜい基礎化粧品ぐらいにしてノーメークで帰るのがおすすめです。せっかくケアをしてもらい、毛穴の奥まできれいになって美容成分もしっかりと送り込んでもらったのがもったいないです。

 

エステでピアスしていても大丈夫?

 

フェイシャルのケアの中にはラジオ波・光など電磁波を使ったものがあります。これらのエネルギーで、皮膚の細胞を活性化させるのです。

 

「金属類に反応するのではないか?」と気になる人もいるようです。金属を使ったピアス・イヤリング、ネックレスなどをしていても熱を持つようなことはありません。ただし、クレンジングやマッサージなどの邪魔になることから、事前に外すように指示されるのが普通です。

 

もし、行き先がエステサロンだけならば、最初からしていかないほうがいいかもしれません。

 

エステでアイプチしていても大丈夫?

 

手軽に二重まぶたにできるアイプチをしている人もいるでしょう。

 

そのままでいいかどうかは、これもエステサロンごとに違います。中にはアイプチの部分は触らないようにしてケアを進めてくれるところもあります。とはいえ、フェイシャルに行く日はやめておいたほうがいいでしょう。あるいは、早めに行って施術が始まる前に自分でとるようにしましょう。エステティシャンにすれば、アイプチに気を使いながらクレンジングなどをするのは、かなりの面倒になるのは間違いのないところです。

 

また、コンタクトレンズは施術が始まる前に外しておきます。特に邪魔にはなりませんが、万が一のトラブルを避けるためです。

 

エステに行く時の持ち物は?

 

「フェイシャルケアを受けるときは、何を持っていくか」は前後の予定によって変わってくるでしょう。同時に、「エステサロンに何が用意されているか」をしっかりとチェックしておきましょう。

 

理想は、できるだけすっぴんに近い状態で行って基礎化粧品程度を施すだけで帰ってくることです。すっぴんで外に出ることが気になる人は、サングラスやマスクなどを使うのもひとつの方法です。

 

エステの後も予定があるような人は、メーク用品なども必要になるでしょう。ただし、パウダールームがあるかないか、あっても使いやすいかどうかは事前にチェックしておかないと、いざというときに慌てることになるかもしれません。

 

中にはパウダールームにサンプル化粧品が置いてあって、使い放題のところもあります。あるいは、シーズ・ラボならば、サンプルセットをもらえるときまであります。同じ企業グループ内に化粧品メーカーまであるシーズ・ラボならではといったところでしょう。

 

服装は特に気にすることはありません。施術用のガウンなどに着替えることになるからです。ただし、これも必ずとは言い切れないので、一応はエステに問い合わせておきましょう。

 

⇒ フェイシャルエステに通う場合の持ち物は何があれば便利?

 

まとめ

 

パウダールームがあるかどうか、内容が充実しているかどうかは、お店ごとにかなりの差があります。

 

単純に「お肌のコンディションの改善のために」という人は、そういった付属の設備の充実は気にしなくていいでしょう。逆に、「ぜいたくな時間を味わいたい」ということも考えているのならば、しっかりチェックしておきましょう。もちろん、充実しているほど料金は高くなるのが一般的です。

 

ただ、どのお店でも、自前の持ち物などはほとんど用意していなくても、施術は受けられるだけの準備はしています。その点は心配しなくていいでしょう。