IPLによる小顔エステとは?フォトフェイシャルとも呼ばれる施術

小顔エステでは、リンパマッサージや表情筋に働きかける施術が多いですが、IPLという施術もあります。
IPLはインテンス・パルス・ライトの略ですが、その内容はどんなものでしょうか。

 

美肌に必要なコラーゲンの生成が期待できる施術です

 

IPLはフォトフェイシャルとも呼ばれていますが、特徴のある光の照射により、肌の状態を良くする効果が期待できます。
コラーゲンの生成を助ける効果が期待できるところが、IPLが肌にいいとされる理由です。
コラーゲンが生成されることで、肌の弾力を取り戻しリフトアップが可能になります。
たるんで二重あごになっていた顔の肉が上にあがって、ハリが出れば、すっきりシャープなフェイスラインという印象になります。
しみやくすみ、そばかすが、ダメージを気にせずにケアできるので美白効果も期待できるでしょう。

 

IPLって痛みはあるの?

 

特殊な光をあてるといわれると、なんか痛そうと思う人も多いでしょう。
でも、痛みの心配はほぼいりません。
輪ゴムをパチンとした時の痛みと表現されることもありますが、ほんの一瞬です。
レーザーとは違い、全体的に照射するので、肌への刺激も弱めです。
パワーが強すぎるとやけどすることがありますが、ちゃんとしたサロンで施術を受ければ問題ないはずです。
施術の前後は日焼けはNGなので、海などに行く予定がある人は施術の日程をずらしてください。

 

IPLってどんなことをするの?

 

まず、どんな施術の前にもありますが、IPLの前もカウンセリングで肌の状態などのヒアリングが行われます。
これを元にして、照射する光の強さが決められます。
サロンによっては、オプションが付くこともあります。
クレンジングで肌の汚れをしっかり落とし、清潔な状態で照射できるようにします。
目を守るためのアイマスクを着用し、肌を守るためのジェルを塗ったら、いよいよ、肌の状態に合わせて調節した光をあてていきます。
照射の時間は、だいたい20分前後です。
照射が終わってジェルを落とし、きれいに顔を洗います。
その後、必要な人には冷却することもあります。
短時間で終わり、お化粧して帰れる気軽さが、受けています。

 

顔の下部分にもハリができ、マリオネットラインや口元のしわ解消の効果も期待できます。
皮膚の奥の細胞にアクセスするので、細胞レベルからのリフトアップが望めます。
特殊な光をあてますが、レーザーとは違い、痛みも気にならず、ダメージも少ないのが特長です。

 

 

 

⇒小顔エステ、効果ありのおすすめサロン!体験が安いフェイシャルエステ