小顔のためにエステサロンで使われている機器の特長とは

エステサロンでの小顔のための施術には、機器が使われることもありますが、その特長には何があるのでしょうか。
小顔のために必要なのは、脂肪燃焼効果と、筋肉の引き締めと細胞の活性化です。
エステサロンで使われる機器も、その効果が期待できるものが使われていることが多いです。

 

EMSの特徴とメリットとは?

 

EMSは、特殊な電磁波による細かい振動により、顔の表情筋を鍛えてくれる機器です。
痩身エステでもよく使われていて、運動嫌いな人でも筋肉を付けられると好評ですが、顔のエステにも使われています。
顔は運動で筋肉を付けることが難しく、筋肉が衰えると、たるみも気になってきます。
EMSは、その悩みを解決に導いてくれるマシーンです。
身体は大丈夫だけど、顔だけは小顔にしたいという、部分痩せ希望の人には特に向いています。
適度な刺激が心地よく、痛みはほとんどないようです。
振動で血流にもいい影響があり、施術後は、特にリフトアップを実感しやすいです。

 

RFラジオ波での施術について

 

RFラジオ波とは、高周波を照射することで熱を発生させ、皮膚下の細胞に刺激を与えるマシーンです。
衰えたコラーゲンに刺激を与え、新しいコラーゲンの皮膚下での活躍も期待でき、肌の若返りを誘導します。
芯から体が温まり、血流も良くなりやすいです。
巡りがよくなれば、むくみもとれやすくリフトアップにも役立ちます。
溜まった脂肪へのアプローチも期待でき、二重あごを解消して、シャープなあごになる効果が期待できるマシーンなのです。

 

1秒に何万回も振動する超音波の実力とは?

 

超音波の機器を使っているエステサロンも、多いです。
人の手では不可能な、1秒に100万回から300万といわれる、高速でソフトな振動が特長のマシーンです。
この振動が、目に見えない肌の深いところで、細胞の活性化に働きかけます。
振動で、毛穴に溜まった汚れが浮き上がりやすくなるので、肌の浄化も期待できます。
超音波のほかのマシーンとは違う持ち味は、肌全体や一部ではなく、一つひとつの細胞にしっかり振動が伝わりやすいところです。
肩凝りの解消にも利用される超音波ですから、顔の筋肉をほぐす効果も高そうですね。

 

それぞれに特徴がある機器ですが、小顔になるために必要な部分に働きかける特徴は同じです。
多少の刺激を感じることはありますが、痛いという意見は見当たりません。
機器を使用していないサロンもあるので、施術の前に確認は必要です。

 

 

 

⇒小顔エステ、効果ありのおすすめサロン!体験が安いフェイシャルエステ