小顔エステで毛穴まで綺麗にするならピーリングがおすすめ

ピールは日本語に訳すと皮です。
美容の世界では、溜まった角質をケアする施術のことを指します。
肌をきれいにするのが大きな目的ですが、小顔になるメリットも期待が持てます。

 

古い角質をケアして小顔も目指せるピーリング効果

 

余分な皮脂があると、肌が毛穴を広げて外に出そうとします。
余分な皮脂に雑菌がついて、ニキビの元になったり、酸化して黒ずんだりすることもあります。
これをケアするのがピーリングですが、ピーリングすることで小顔になる効果も期待できます。
ピーリングは汚れを除去するだけではなく、古い角質を取る効果も見込めます。
古い角質を取ることで、衰えていた肌の生まれ変わりの機能が正常化しやすくなるのです。
そうすればハリや弾力の元になる皮膚の下のコラーゲンにも、いい影響があるはずです。
リフトアップしてたるんでいたお肉がなくなれば、シャープなフェイスラインが手に入れられるでしょう。

 

エステのピーリング3種類の特徴

 

エステで受けられるピーリングは、主にケミカルピーリングとレーザーピーリング、スキンスクライバーの3種類になります。
最もポピュラーなのが、ケミカルピーリングで、フルーツなどから抽出されたフルーツ酸が使われます。
施術の方法は、これを顔に直接塗って、しばらく放置し、最後にきれいに落とすというパックのようなものです。
サロンによっては、トラブルに合わせて薬剤を使い分けてくれるところもあります。
古い角質をケアすることで、新陳代謝が活発になる効果が期待できます。
肌が弱い人には、薬剤を直接塗らないレーザーヒーリングがおすすめです。
スキンスクライバーは、超音波の振動で、汚れや角質を浮き出させる効果が期待できる施術です。

 

ピーリング注意事項

 

ピーリングは正しく行えば安全な施術です。
しかし、実際にトラブルも起きています。
よくあるトラブルは乾燥や肌荒れでしょう。
古い角質が取り除けるのは肌にとってプラスですが、そうでない角質まで取ってしまうこともあります。
若い人は角質の溜まるスピードも遅いですから、必要以上の頻度でピーリングを行うのは避けたほうがいいでしょう。
エステサロンでは最初にカウンセリングがあるはずですから、適切なアドバイスと施術が受けられるでしょう。

 

年齢を重ねるごとに厚くなっていく角質は、ハリや弾力をなくしたり、たるみを招きやすくさせたりします。
ピーリングで厚くなった角質をケアすることで、これを回避したり、解消したりする効果が期待できるのです。

 

 

 

⇒小顔エステ、効果ありのおすすめサロン!体験が安いフェイシャルエステ