フェイシャルエステと美容皮膚科の主な違いについて

本気で美肌になりたい時には、やっぱりセルフケアよりプロの手に頼るのが一番です。
ここで迷ってしまうのが、フェイシャルエステと美容皮膚科のどちらに行けば良いのかということですね。
自分が求める肌への近道を見つけるためにも、フェイシャルエステと美容外科の違いを学んでおきましょう。

 

・施術の違い

 

フェイシャルエステと美容皮膚科で決定的に違うのは、施術の位置づけです。
同じフォトフェイシャルであっても、フェイシャルエステでは美容のための施術で、美容皮膚科では医療行為となります。
美容施術は簡単に言うと、誰でも扱える美容機器で行います。
一方、医療行為となる場合は、美容機器と言っても医師免許や看護師資格を取得している人しか扱えません。
その理由は出力レベル薬剤にあります。
フェイシャルエステの美容機器や薬剤は、安全性を重視しているので出力も薬剤の濃度も低く抑えられています。
医療行為の場合は出力レベルが高く、薬剤の濃度も高いので、その分求める効果が早く得られます。

 

・料金の違い

 

基本的にフェイシャルの施術料金はお店ごとに違うので、フェイシャルエステと美容皮膚科でも違うのは当たり前ですね。
ただし、美容皮膚科の場合だと医療行為になるため、フェイシャルエステより高額な費用がかかります。
医療行為というと保険が適用されるイメージがありますが、美容目的の治療の場合保険は適用されません。
そのため自由診療になるのですが、医師が主導で行うのでその分料金が高くなってしまいます。
フェイシャルエステは医療行為ではありませんし、競合店が多いため美容皮膚科よりも低い価格のところが多いです。
ですので料金で見ると、フェイシャルエステは低めで美容皮膚科は高めという違いもあるのですね。

 

・メンタルへの効果

 

フェイシャルエステと美容皮膚科は、店内の雰囲気やスタッフの対応にも違いがあります。
フェイシャルエステというのは、美容機器だけで肌の構造に働きかけるのではありません。
肌トラブルが起こるのは、外部の刺激や栄養不足だけではく、ストレスなどメンタル面が原因になることも少なくありません。
ですので、日頃のストレスから開放され、リラックスできるような空間作りや対応を行っています。
美容皮膚科は医療機関なので、医学的にトラブルに働きかける治療を行うところです。
そのため、メンタル面へのケアは期待できないというのも違いと言えますね。

 

細かいところを見ると、もっといろいろな違いがあります。
また、実際に自分で感じる違いというのもあるので、気になる方は両方のトライアルを試してみるといいでしょう。

フェイシャルエステと美容皮膚科の主な違いについて関連ページ

顔のお手入れに欠かせない保湿成分
睡眠とストレスの関係もフェイシャルに大事です。
紫外線ケアを万全すること
たるみを解消する化粧品をエステで使える?
お肌の状態も色々種類がある?
顔が敏感肌でもフェイシャルエステにいっても大丈夫?
フェイシャルエステで使っている美顔マシンは凄い!効果もいろいろ
美白肌になるためにかかせないことは?
フェイシャルエステで受けられるメニュー。狙いの美顔コースを事前に確認
フェイシャルエステの注意点。顔のトラブルを避けるために確認すべきこと
ニキビやニキビ跡対策にフェイシャルエステを受けてみよう
小顔効果が期待できるフェイシャルエステの特長とは
フェイシャルエステでほうれい線を解消できるコースとは
フェイシャルエステで受けられる超音波の効果について
まぶたのたるみを解消できるフェイシャルエステを受けよう
フェイシャルエステに行く時、メイクはすっぴんになる必要あり?
生理中や妊娠中のフェイシャルエステは受けられるのか
フェイシャルエステに通ったら肌荒れに?好転反応について
フェイシャルエステが行っている施術で痛いのはあるの?
フェイシャルエステに通う場合の持ち物は何があれば便利?
フェイシャルエステの効果とは?期待できるメリットをご紹介
ブライダルのためのフェイシャルエステの効果と受け方
フェイシャルエステの施術を受ける場合の基本的な流れについて
フェイシャルエステの費用と支払い方法・通う頻度について
フェイシャルエステの体験コースを受けてみよう・その特長は?
大手フェイシャルエステと個人のフェイシャルエステ店を比較
フェイシャルエステで施術しているマッサージの効果とは
フェイシャルエステで行われるクレンジングの特長について
フェイシャルエステに通えば毛穴の黒ずみは綺麗になる?