フェイシャルエステの費用と支払い方法・通う頻度について

フェイシャルエステに通いたいと思っていても、費用に関しての不安を持っている方も多いでしょう。
ここでは、フェイシャルエステの費用や支払い方法、そして費用に影響する通う頻度についてご紹介します。

 

・フェイシャルエステの費用

 

フェイシャルエステの費用というのは、施術を受けるエステサロンのメニューと通う回数によって変わります。
ですので、いくらかかるかは人によってまったく違ってきます。
ただしメニューそれぞれに相場というものがあります。
古い角質を取り除いて代謝を高めるピーリングは約1万円、ビタミンC誘導体やプラセンタなどを効率よく浸透させるイオン導入は約15000円です。
老廃物を流して小顔を作るリンパドレナージュも約15000円、しみやしわを改善するフォトフェイシャルは2万から3万円ほどになります。
1回の費用だけ見ると高いなと感じるかもしれません。
ですが、コース契約やセット割などのサービスがあるので、契約時にはもっと安く受けられるのが一般的です。

 

・支払い方法の種類

 

エステサロンの支払いは、クレジットローンを組んではいけないと思っている方もいるでしょう。
ですが最近は支払い方法も多様化しているので、必ずしもローンを組む必要はありません。
コース契約の場合だと、現金一括払いかカード払い、もしくはエステサロンとのローン契約になります。
こういった従来の方法に加え、チケット制や都度払いを取り入れているエステサロンも増えています。
チケット制というは、施術を受けたいメニューのチケットを購入しておくという支払い方法です。
5回、10回など少ない回数で購入できるので、ローンに抵抗がある方におすすめです。
都度払いは、その名前の通り施術を受ける度に現金かカードで支払う方法です。
1回あたりの費用は高くなりますが、自分へのご褒美やスペシャルケアなどたまに施術を受けたいという方は、この支払い方法が良いでしょう。

 

・通う頻度はどのぐらい?

 

通う頻度は、肌の状態や改善したいトラブルの種類によって異なります。
ですが、美肌を基本とした場合は最低でも月に1回は通うのがベストです。
基本的なターンオーバーは1ヶ月周期に行われるので、月に1回施術を受けておけば美肌を保てます。
ただし、しわやしみなどエイジングサインの改善や小顔などの目的がある場合は、週に1回から2回ほど通うのが理想的です。
と言っても予算オーバーでお財布に負担がかかると続けられませんね。
フェイシャルエステは、定期的に通うことで効果の持続性や肌の衰えを防ぐことができるので、無理のない頻度で通いましょう。

 

費用や頻度、支払い方法はあくまでも参考なので、正確に知りたいという方は無料カウンセリングを利用して確認してみるといいですね。

 

→ 顔のエステ、人気ランキングはこちら

 

フェイシャルエステの費用と支払い方法・通う頻度について関連ページ

顔のお手入れに欠かせない保湿成分
睡眠とストレスの関係もフェイシャルに大事です。
紫外線ケアを万全すること
たるみを解消する化粧品をエステで使える?
お肌の状態も色々種類がある?
顔が敏感肌でもフェイシャルエステにいっても大丈夫?
フェイシャルエステで使っている美顔マシンは凄い!効果もいろいろ
美白肌になるためにかかせないことは?
フェイシャルエステで受けられるメニュー。狙いの美顔コースを事前に確認
フェイシャルエステの注意点。顔のトラブルを避けるために確認すべきこと
ニキビやニキビ跡対策にフェイシャルエステを受けてみよう
小顔効果が期待できるフェイシャルエステの特長とは
フェイシャルエステでほうれい線を解消できるコースとは
フェイシャルエステで受けられる超音波の効果について
まぶたのたるみを解消できるフェイシャルエステを受けよう
フェイシャルエステに行く時、メイクはすっぴんになる必要あり?
生理中や妊娠中のフェイシャルエステは受けられるのか
フェイシャルエステに通ったら肌荒れに?好転反応について
フェイシャルエステが行っている施術で痛いのはあるの?
フェイシャルエステに通う場合の持ち物は何があれば便利?
フェイシャルエステの効果とは?期待できるメリットをご紹介
ブライダルのためのフェイシャルエステの効果と受け方
フェイシャルエステの施術を受ける場合の基本的な流れについて
フェイシャルエステの体験コースを受けてみよう・その特長は?
大手フェイシャルエステと個人のフェイシャルエステ店を比較
フェイシャルエステと美容皮膚科の主な違いについて
フェイシャルエステで施術しているマッサージの効果とは
フェイシャルエステで行われるクレンジングの特長について
フェイシャルエステに通えば毛穴の黒ずみは綺麗になる?