フェイシャルエステに通う場合の持ち物は何があれば便利?

フェイシャルエステというのは、お店によって用意されているアメニティーやパウダールームの設備が異なります。
ですので、自分で持っていないと困ることがあるため持ち物には注意しましょう。
また、施術を受ける上では不要に思えても便利な物もあるのでご紹介します。

 

・おしゃれなヘアアクセサリー

 

フェイシャルエステの行き帰りでは、メイクを気にする方が多いですね。
ですが、もう一つ忘れてはいけないのがヘアスタイルです。
施術を受ける時には、髪の毛が邪魔にならないようにする必要があります。
そのため、きちんとセットしてあるスタイルでも、施術後はどうしても崩れてしまいます。
フェイシャルエステ後に最初からスタイリングするのは大変ですし、時間もかかります。
そこで一つ用意しておくと便利なのがおしゃれなヘアアクセサリーです。
大ぶりのヘアアクセサリーなら、簡単に髪をまとめるだけでセットが終わるので、帰宅する際にとても手軽です。
まとめづらい髪型だったりショートヘアの場合は、帽子を持っていくというのもおすすめです。

 

・コンタクトレンズ専用ケース

 

フェイシャルエステの施術を行う時は、基本的に目を閉じています。
ですので、コンタクトをしていても問題ないと思ってしまうかもしれません。
しかし施術では目の周りをマッサージすることもあるので、コンタクトレンズは外す必要があります。
外す時には、コンタクトレンズ専用ケースがないと保存しておけませんから、コンタクトを使用している方は必ず持ち物リストに入れておきましょう。
最近は専用ケースと保存液がセットになった使い切りタイプのものもあるので、用意しておくと便利です。
こういったタイプの場合コスパは良くありませんが、コンパクトなのでバッグに入れてもかさばりません。

 

・自分が使っている化粧品

 

エステサロンでは基本的に基礎化粧品が用意されていますが、メイク用品はほとんど置かれていません。
そもそもフェイシャルエステはたくさんの人が利用するのですから、衛生面で言えば当然のことですね。
ですので、エステ帰りにもしっかりメイクをしたいという方は、自分が使っている化粧品を持っていきましょう。
この時忘れないようにしたいのがメイク下地です。
施術ではメイクを落とし切りますから、お化粧をして帰る場合は一からメイクをしなくてはいけません。
メイク下地がないと綺麗にメイクできないので、下地も持っていくのが便利です。
ただし、施術後は肌機能が活性化されている状態ですから、出来るだけシンプルなメイクがおすすめです。

 

こういった持ち物はあると便利という位置づけですから、フェイシャルエステで必要な持ち物は事前にアドバイスがもらえるのでしっかり聞いておきましょう。

フェイシャルエステに通う場合の持ち物は何があれば便利?関連ページ

顔のお手入れに欠かせない保湿成分
睡眠とストレスの関係もフェイシャルに大事です。
紫外線ケアを万全すること
たるみを解消する化粧品をエステで使える?
お肌の状態も色々種類がある?
顔が敏感肌でもフェイシャルエステにいっても大丈夫?
フェイシャルエステで使っている美顔マシンは凄い!効果もいろいろ
美白肌になるためにかかせないことは?
フェイシャルエステで受けられるメニュー。狙いの美顔コースを事前に確認
フェイシャルエステの注意点。顔のトラブルを避けるために確認すべきこと
ニキビやニキビ跡対策にフェイシャルエステを受けてみよう
小顔効果が期待できるフェイシャルエステの特長とは
フェイシャルエステでほうれい線を解消できるコースとは
フェイシャルエステで受けられる超音波の効果について
まぶたのたるみを解消できるフェイシャルエステを受けよう
フェイシャルエステに行く時、メイクはすっぴんになる必要あり?
生理中や妊娠中のフェイシャルエステは受けられるのか
フェイシャルエステに通ったら肌荒れに?好転反応について
フェイシャルエステが行っている施術で痛いのはあるの?
フェイシャルエステの効果とは?期待できるメリットをご紹介
ブライダルのためのフェイシャルエステの効果と受け方
フェイシャルエステの施術を受ける場合の基本的な流れについて
フェイシャルエステの費用と支払い方法・通う頻度について
フェイシャルエステの体験コースを受けてみよう・その特長は?
大手フェイシャルエステと個人のフェイシャルエステ店を比較
フェイシャルエステと美容皮膚科の主な違いについて
フェイシャルエステで施術しているマッサージの効果とは
フェイシャルエステで行われるクレンジングの特長について
フェイシャルエステに通えば毛穴の黒ずみは綺麗になる?