フェイシャルエステに通ったら肌荒れに!好転反応について

フェイシャルエステの魅力は、1回の施術でも肌がキレイになったり、むくみが取れて小顔になれるという即効性です。
ですが、施術の翌日に肌に湿疹や吹き出物などのトラブル症状が起こることがあります。

 

フェイシャルエステのケアを受け、お肌の調子が悪くなったような場合、エステティシャンからは、「これは好転反応ですから、心配ありませんよ」といった説明がされることがあります。

 

しかし、単に時間稼ぎの言い訳の場合も少なくありません。本当に好転反応であればいいのですが、間違っていた場合、その時間稼ぎの間にさらに悪化してしまいます。好転反応と言われた場合、エステティシャンらを信じ切ってしまうのではなく、自分でも冷静な判断をする必要があります。

 

そのためには、好転反応について最低限のことぐらいは頭の中に入れておくようにしましょう。

 

 

好転反応とは

好転反応とは、もともとは東洋医学の考え方です。

 

体内の毒物・老廃物が排除されるような漢方薬を飲むと、まず、体の一部になっていたようなそれらが動き始めます。これが影響して体調が悪くなるのが典型的なパターンです。あくまで一時的な現象で、毒物・老廃物はやがて肝臓で分解されたり、尿や汗に混じって体外に出ます。これで健康な体になるのです。

 

つまり、「デトックスの過程のひとつ」と理解しておけば、大きな間違いにはならないでしょう。

 

フェシャルエステのケアでも、皮膚の中の毒物や老廃物を追い出すことを目的にしているものがたくさんあります。お肌の下の余分なリンパ液を押し出すリンパマッサージもその一例です。

 

好転反応というのは、簡単に言うと肌の状態が改善される過程で現れる反応です。
肌トラブルが起こっている肌には、血液やリンパ液の流れが悪く、毒素や有害物質が蓄積しています。
毒素などが蓄積すると、ターンオーバーが滞ったり、肌細胞の機能が低下するためニキビやたるみ、しみなどのトラブルが起こるのですね。
フェイシャルエステではリンパマッサージを行い、蓄積している毒素の排出を促進します。
溜まっている毒素は汗や尿に混ざって排出されるので、この時に湿疹や吹き出物が出来てしまうのです。

 

逆に言えば、こういったトラブルが起こるのはしっかりデトックスが出来ている証拠ですから、好転反応は悪いことではないのです。

 

好転反応の見極め方

 

残念ながら、フェイシャルエステの施術後に現れる肌トラブルすべてが好転反応というわけではありません。
中には、本当に肌トラブルが起きていることもあります。
こういった場合は、すぐに対処してもらわなくてはいけないので、見極め方を覚えておきましょう。

 

本当に好転反応だった場合

 

エステサロンで行うケアで本当に好転反応があるかどうかは、微妙な問題です。あるとしても、痩身などボディーに対するケアのことが多いようです。

 

症状としては、神経が活性化するための倦怠感、ウイルス・細菌に対する免疫力が高まることでの発熱、筋肉や関節がほぐれることでの筋肉痛・関節痛、血行がよくなることでの頭痛などです。

 

フェイシャルエステだけを受けているのならば、顔以外に影響が出ることは考えにくいでしょう。考えられる症状としては、ニキビなどすでにある症状の悪化で、しかも一時的なものです。

 

明らかに肌荒れして悪化した場合

 

「急に吹き出物が出て、何日たっても治らない」「ニキビなどしばらくできなかったのに、急にできた」「乾燥肌(脂質肌)の症状が急に出た」などならば、好転反応ではない可能性が高いです。

 

よく見てみましょう。肌質・体質に合わない化粧品類を使ったときの症状と似ていませんか? エステサロンで使う化粧品やケア用品でも同様のことが起こるのです。

 

どんな症状が出る?

 

もし、今まではなかったニキビやポツポツが出るようならば、好転反応ではなく、化粧品類の成分による副作用などの肌トラブルと考えましょう。

 

エステに通い続け、フェイシャルのケアを受けると、症状がそのままならばまだいい方です。どんどん悪化するでしょう。

 

もし、そのうち治まることがあっても、お肌がその負担に慣れたか、自然治癒力によるものです。「やっぱり、好転反応でしたね」などと、うやむやにされてしまうかもしれません。気をつけましょう。

 

一概にトラブルとは決められませんが、ピーリングなど強い薬剤を使用する施術は、肌トラブルが起こることがあります。
こういった施術後に、皮膚に強い赤みがでたりヒリヒリする痛みを感じたら、お店に相談してください。
フェイシャルエステが行っている施術で痛いのはあるの?

 

好転反応の対処法

好転反応というのは、毒素や有害物質がすべて排出されれば自然に治まっていきます。
ここで慌てて、何回も洗顔をしたり自己流のスキンケアで肌に刺激を与えてしまうと、トラブルが悪化することがあるので注意しましょう。

 

経過観察する

 

「これは好転反応ではないのでは?」と疑わしいときは、まずはエステ通いを休みましょう。一応のめどとしては、2週間から1カ月です。というのは、年齢にもよりますが、ターンオーバーでお肌の細胞が一通り入れ替わるのは、1カ月から2カ月です。表面にある角質層だけならばもっと早いです。2週間から1カ月あれば、ケアによる影響をかなり消すことができるのです。

 

また、ケアの休止に入るときは、肌のコンディションを記録しておきましょう。写真に撮るのが一番簡単です。再開するときに、エステティシャンと相談するときの参考になります。あるいは、皮膚科で治療するときにも使うことができます。

 

フェイシャルエステで使っている化粧品やケア用品も銘柄とその配合成分を調べておきましょう。「なぜ、肌トラブルになったか」の重要なデータになります。

 

デトックスを意識する

 

好転反応でもないのに、お肌がトラブルを起こしているときは、デットクスを心がけます。水分を十分に取り、汗をかき尿を出すようにします。ショウガや唐辛子など血行のよくなるものを積極的にとるようにしましょう。ただし、これらは刺激物でもあります。とり過ぎはお肌へ悪影響を与えることは覚えておきましょう。

 

おすすめはハーブティーです。ハーブティーにもいろいろな種類がありますので、どれでもいいわけではありません。利尿作用のある原料が使われているものを選びましょう。ハトムギ茶、スギナ茶、タンポポ茶などがおすすめです。水分摂取&利尿作用でデトックスがどんどん進みます。

 

好転反応が出た時は、デトックス効果を妨げないようにするのが重要です。
まずは毒素などの排出をスムーズに行えるように、水分をたくさん摂ってください。
ただし、水分といっても糖分が多い清涼飲料水やコーヒーなどでは効果がないので、ミネラルウォーターや炭酸水を飲みましょう。
デトックス効果のあるハーブティを飲むのもおすすめです。
また、入浴をすると発汗作用によってデトックス効果が高まるので、半身浴をするのもいいですね。

 

肌を休ませる

 

せっかくエステに通ったのに、肌が荒れると、すぐにでも解決したくなるものです。それで自分でのケアを手厚くしてしまう人もいるかもしれません。逆効果です。できるだけ何もしないのが基本です。

 

メークもできればしないようにします。クレンジングも刺激が少ないものにします。化粧品類では油分を与えないほうがいいでしょう。成分がシンプルなローションで水分を補うぐらいにします。

 

おすすめのフェイシャルエステ

 

もともと肌の質が弱い人や、エステに通ったことで肌トラブルを起こしたことのある人は、なかなかエステ通いに踏み切れないでしょう。

 

もちろん、中小のエステサロン、あるいは個人がやっているようなエステにもレベルの高いお店はあります。しかし、残念ながら情報が多くありません。やはり大手のエステサロンの口コミをチェックし、評判のいいお店を選ぶほうが、間違いが少ないでしょう。

 

メディカルエステを利用する

 

シーズ・ラボ

 

最近は皮膚科と提携するエステサロンも増えています。しかし、内容としては「トラブルがあった時に、すぐに連絡が取れる」ぐらいのことが多いようです。

 

シーズ・ラボは違います。同じ企業グループ内に、美容皮膚科のシロノクリニック、コスメメーカーのドクターシーラボなどが含まれ、密な連携をしています。エステサロンであるシーズ・ラボの美容メニューもすべて、医師が開発したものです。

 

そのメニューは、敏感肌・アトピー、シミ・肝斑、しわ・たるみなどのトラブルごとにわけられているほか、個人個人のコンディションに合わせてアレンジされます。

 

支払い方法は都度払いです。たとえば、「ニキビ撃退フェイシャル」や「シミ解消白肌コース」ならば税込みで18,360円、「肝斑美白・メガ導入コース」は24,840円、「敏感肌・アトピークリアコース」は12,960円です。1回ごとに効果を確認しながら、続ける・続けないが判断できます。

 

モニターテストを徹底しているエステ

 

ジェイエステティック

 

大手のエステサロンを選ぶときに注意しなければいけないことのひとつが、「支店ごとにばらつきがないか」です。一見評判がいいように見えても、たまたま口コミをアップした人の場合だけで、ほかの支店を使うと全く様子が違うことがあるのです。

 

社内で統一した厳しい研修制度を実施しているところが安心です。そのひとつがジェイエステティックです。

 

また、施術が原因となってのトラブルがないように、新しいメニューなどを導入するときには、入念なモニターテストをやって、安全性の間違いない商品やサービスだけが提供されるようになっています。

 

ISO9001(国際品質保証規格)認証のエステ

 

ミス・パリ

 

どこのお店でも、「安全性が高いケアをしている」「トラブルが少ない」とアピールはしています。しかし、なかなか客観的な資料としては示すことはほとんど無理です。

 

そういった中、エステサロン業界ではじめて国際規格ISO9001を取ったのがミス・パリでした。2004年のことです。これはお店の品質管理などを保証するものです。開店後間もない場合を除いて全支店が個々に取得しています。

 

もし、トラブルが心配ならば、こういった企画のあるなしを参考にするのもひとつの方法です。

 

1か月してもおかしいときは

 

皮膚科に行く

 

エステ通いをストップして1カ月ほどたっても肌トラブルが治まらない、あるいは、そこまでたたなくても症状が重いようならば皮膚科のある病院に行きましょう。治療が必要です。

 

最近は病院と提携しているエステサロンも増えています。通っていたお店に相談すれば、その提携先を紹介していくれるかもしれません。この場合、治療費をエステサロン側で補償してくれる場合もあります。しかし、その病院で必ずしも全部の治療がカバーされているとも限りません。

 

提携のあるなしにかかわらず、皮膚科としてのレベルの高さで判断するようにしましょう。どちらかといえば、エステとは提携していない皮膚科のほうが安心です。提携しているところは、エステの側に都合のいい診断をしないとも限りません。

 

写真に撮っておく

 

この場合にもやはり大事なのは証拠を残すことです。写真はやはり重要ですし、使われた化粧品類もはっきりさせて置かなければ、後の話が難しくなります。また、病院での診断書も欠かせません。病院での支払いの記録だけではなく、通院にかかったタクシー代などもレシートを残しておきます。

 

解約する

 

好転反応ではなく、エステのケアによるトラブルが疑わしくなったら、もはや通い続ける気はなくなっているでしょう。何回分もまとめて支払うコース制で契約し、すでに支払い済みの場合、お金が戻ってくるかどうかが気になるところです。

 

かつては、ほとんど返金がないことも珍しくありませんでした。また、ローンでの支払いになっている場合、通うのはやめたのに、残りの金額を支払い続けるようなこともありました。今はこういったことはないように法律で保証されています。

 

 

仮に相手が返金を渋ったり、いろいろな名目を付けて返金額を減らすようならば、消費者センターと相談するようにしましょう。

 

ジェイエステティックの場合

 

法律が整備されたおかげで、返金をめぐるトラブルは減りました。しかし、実際にはなかなか手続きが面倒なことも多いです。また、いくら返ってくるかも、実際に掛け合ってみないとわからないのが実情です。

 

ですが、ジェイエステテックならば安心です。解約の申し出はコールセンターで受け付けています。数日すれば必要な用紙が送られてきます。後はこれに必要事項を書き込んで返送するだけです。お店に足を運ぶ必要はありません。

 

いくら返ってくるかもはっきりしています。違約金はなく、残り回数分の90パーセントが返金額になります。もし、10回20万円のコースを契約していて、5回まで通った時点での解約ならば、9万円返ってくることになります。

 

もし、まだ契約して間もなく(契約書を受け取ってから8日以内)で、1回も施術を受けていないのならば、クーリングオフを考えてみましょう。支払った金額はまるまる返ってきます。これも法律で保証されていることなので、ほかのお店でも対応はしていますが、やはり実際の手続きは面倒です。

 

ジェイエステテックならば、これもコールセンターへの電話からの手続きで簡単に済ますことができます。

 

病院治療費、など請求できる?

 

場合によっては、「問題のあるケアをした」として、エステサロンの責任を問わなければいけないようなことも出てくるかもしれません。

 

すでにエステサロンに対して不信感も募っているかもしれません。しかし、一度はしっかりとエステサロン側の説明も聞きましょう。淡々と質問し、淡々とメモにでもします。

 

残していたはずの写真や、回答の内容を材料に、エステサロン側に掛け合います。もし、こじれるようならば、最初に相談する相手としておすすめなのは、やはり消費者センターです。個々の事例に合わせて、アドバイスをしてくれるでしょう。裁判も考えるかもしれませんが、訴える側にもかなりの負担になります。裁判を考える場合であっても、まずは消費者センターでアドバイスをもらったほうがいいでしょう。

 

まとめ

 

せっかくきれいになろうと思ってエステに通ったのに、逆に肌トラブルを抱えてしまうなんて、がっかりです。しかし、実際にあります。
フェイシャルエステによる好転反応は、肌を改善するために必要不可欠なプロセスです。
ですので、トラブルが起こってもネガティブにならず、適切な対処をして悪いものを出し切ってしまいましょう。

 

運悪く悪化してしまったときは、冷静に対処し、エステサロンにはちゃんと責任もとってもらいましょう。

 

また、そういったエステサロンにはかかわらないようにする・かかわったとしてもすぐによそのお店に変えるといったことも必要です。

 

そのためには、エステサロンのケアについての知識は一通り持っておかなければいけません。「任せきりではいけない」ということですね。

 

 

 

 

→ 顔のエステ、人気ランキングはこちら

 


フェイシャルエステに通ったら肌荒れに!好転反応について関連ページ

顔のお手入れに欠かせない保湿成分
睡眠とストレスの関係もフェイシャルに大事です。
紫外線ケアを万全すること
たるみを解消する化粧品をエステで使える?
お肌の状態も色々種類がある?
顔が敏感肌でもフェイシャルエステにいっても大丈夫?
フェイシャルエステで使っている美顔マシンは凄い!効果もいろいろ
フェイシャルエステで受けられる超音波の効果について
美白肌になるためにかかせないことは?
フェイシャルエステで受けられるメニュー。狙いの美顔コースを事前に確認
フェイシャルエステの注意点。顔のトラブルを避けるために確認すべきこと
ニキビやニキビ跡対策にフェイシャルエステを受けてみよう
小顔効果が期待できるフェイシャルエステの特長とは
フェイシャルエステでほうれい線を解消できるコースとは
まぶたのたるみを解消できるフェイシャルエステを受けよう
フェイシャルエステに行く時、メイクはすっぴんになる必要あり?
生理中や妊娠中のフェイシャルエステは受けられるのか
フェイシャルエステが行っている施術で痛いのはあるの?
フェイシャルエステに通う場合の持ち物は何があれば便利?
フェイシャルエステの効果とは?期待できるメリットをご紹介
ブライダルのためのフェイシャルエステの効果と受け方
フェイシャルエステの施術を受ける場合の基本的な流れについて
フェイシャルエステの費用と支払い方法・通う頻度について
フェイシャルエステの体験コースを受けてみよう・その特長は?
大手フェイシャルエステと個人のフェイシャルエステ店を比較
フェイシャルエステと美容皮膚科の主な違いについて
フェイシャルエステで施術しているマッサージの効果とは
フェイシャルエステで行われるクレンジングの特長について