紫外線ケアを万全すること

紫外線 顔エステ

 

「紫外線の脅威」なんて話は、夏が近づくと途端に強調され始めます。

 

が、実は冬場でもそこそこの紫外線は降り注いでいます。また、室内にいてもガラス越しに日光が注ぎ込むようならば、やはり紫外線も浴びています。

 

あまり油断していいような時期はありません。

 

それに紫外線は浴びたからといって、すぐに出てくる反応とそうでない反応があります。

 

赤くはれ上がるのは、すぐに出てくる反応です。が、その分収まるのも早いでしょう。

 

美容の大敵になるのは、ゆっくりと出てくる方です。しかも着々とダメージは蓄積されていきます。

 

で、ある日とうとうお肌の表面にシミやソバカスとなって出てくるのです。

 

そうなってから慌てても、すでに溜まり溜まったダメージがあるので回復は容易ではありません。

 

普段から用心し、有効な対策をとっておくことが必要です。

 

対策の手段の一つが、日焼け止めです。効果のメドとして、二つの指標が採用されています。

 

まず「SPF」。これは紫外線のうち、すぐにお肌を赤くはれ上がらせるような波長のものを防ぐ度合いを示しています。数値としての上限は「50」です。が、「それ以上」ということで、「50+」なんて表示もあります。

 

もう一つは「PA」。これはお肌を黒くする波長のものを防ぐ度合いです。これは長らく、効果の弱いほうから「+」「++」「+++」の三段階でした。が、2013年からさらに上の「++++」の表示が可能になりました。

 

効果が高いものほど、お肌の負担も大きいのが普通です。自分が必要とする、ちょうど兼ね合いのいいものを選ぶようにしましょう。

 

⇒日焼け肌にも対応してくれる顔エステ

 

 


紫外線ケアを万全すること関連ページ

顔のお手入れに欠かせない保湿成分
睡眠とストレスの関係もフェイシャルに大事です。
たるみを解消する化粧品をエステで使える?
お肌の状態も色々種類がある?
顔が敏感肌でもフェイシャルエステにいっても大丈夫?
フェイシャルエステで使っている美顔マシンは凄い!効果もいろいろ
美白肌になるためにかかせないことは?
フェイシャルエステで受けられるメニュー。狙いの美顔コースを事前に確認
フェイシャルエステの注意点。顔のトラブルを避けるために確認すべきこと
ニキビやニキビ跡対策にフェイシャルエステを受けてみよう
小顔効果が期待できるフェイシャルエステの特長とは
フェイシャルエステでほうれい線を解消できるコースとは
フェイシャルエステで受けられる超音波の効果について
まぶたのたるみを解消できるフェイシャルエステを受けよう
フェイシャルエステに行く時、メイクはすっぴんになる必要あり?
生理中や妊娠中のフェイシャルエステは受けられるのか
フェイシャルエステに通ったら肌荒れに?好転反応について
フェイシャルエステが行っている施術で痛いのはあるの?
フェイシャルエステに通う場合の持ち物は何があれば便利?
フェイシャルエステの効果とは?期待できるメリットをご紹介
ブライダルのためのフェイシャルエステの効果と受け方
フェイシャルエステの施術を受ける場合の基本的な流れについて
フェイシャルエステの費用と支払い方法・通う頻度について
フェイシャルエステの体験コースを受けてみよう・その特長は?
大手フェイシャルエステと個人のフェイシャルエステ店を比較
フェイシャルエステと美容皮膚科の主な違いについて
フェイシャルエステで施術しているマッサージの効果とは
フェイシャルエステで行われるクレンジングの特長について
フェイシャルエステに通えば毛穴の黒ずみは綺麗になる?